検索ボックス
 

AUD/NZD(豪ドル/NZドル)私の戦略
AUDNZD 1.21以上で1000通貨または2000通貨ショート
AUDNZD 1.20以下で1000通貨または2000通貨ロング
50pips逆に行くたびに、1000または2000通貨ずつ買い下がりor売り上がり。
各ポジション1,000円以上の利益が出れば利確予定。

-----最大含み損見積もり-----(1NZドル=70円として計算。スワップは考慮せず)
★1.21でショート→50pips刻みで2000通貨ずつナンピンし、1.41まで動いた場合・・・最大574,000円の含み損
★1.20でロング→50pips刻みで2000通貨ずつナンピンし、1.00まで動いた場合・・・最大574,000円の含み損

<1000通貨(0.1枚)でAUD/NZDのトレードができるFX業者さん>
FXブロードネット(ブロードライトコース)
FXCMジャパン証券(スタンダード口座)


<AUD/NZDのスプレッドが狭いFX証券会社さん(1万通貨単位)>
ライブスター証券・・・狭い時にはおおむね5.0pips前後を提示しています。

2012年06月16日

AUD/NZDにハマっている理由

AUDNZDはリスクの少ない、安全な通貨ペアのように思う。
ボラの低い、小さい、少ない通貨ペアだと思う。
「上限下限が決まっているペッグ制のUSD/HKDやEUR/DKKの方がリスクが少ないじゃないか」と思われるかもしれないが、確かに安全だが、値動きがあまりにも少ないし、一日中ほとんど動かないこともあるので益を取りに行く、つまりトレードには向いていないように思うのだ。スワップ向きだろう。
その点、AUD/NZDは値動きもそれなりにあるし、スプレッドも極端に広いわけでもない。
過去10年における過去最高値(史上最高値)が約1.36
過去最安値(史上最安値)も約1.05くらいで、その間を行き来している。
特筆すべき点はEURSEK・EURNOK・USDMXN等、AUDNZD同様長年レンジ相場で安定推移していた通貨ペアがこの金融危機で軒並みレンジを大幅に逸脱してしまったのに対し、AUDNZDだけは過去のレンジを守り続けているというのはとても心強い。
また両通貨の金利差が少ないのでショートしてもロングしても長期保有によるリスクは少ない。
というわけで私はAUD/NZDを積極的にSまたはLしようと思う。
今1.27台だからこれはもちろんSである。50pp上がる毎にナンピンしていく戦略だ。もちろん近年最高レートの1.36を超えるリスクも想定しなければならない。そして1.20を割ったあたりからドテンLに転じ同様にナンピンと、いうスタイルでいこうと考えている。
1.05を割るリスクの方が少ないように思うからLの方が安心感があるかもしれない。
クロス円が今後どんどん上昇しロングしづらい水準まで上がってしまうことも想定し、
AUDNZDだけでトレードすることも可能なのかどうか検証してみたい。
posted by nzdaud at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29186057

この記事へのトラックバック